読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパンコールな波際

溺れるほどの愛を君に送る

リア恋枠

私の担当はいのちゃんことHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんだ。しかし、いのちゃんのセクシーな表情を見ると多少ムラムラするが、私はいのちゃんと付き合いたいとは思わない(超絶上から目線)。離れたところで母のような気持ちで、活躍を見守っていたい。それかヒモにしたい。私の扶養に入っておくれ。違う。今日はそんな記事を書きたいんじゃない。リア恋枠について語りたいんだ。

そんな私のリア恋枠は髙木雄也(以下ゅぅゃ)さんだ。以下、上から目線で私の恋愛観と妄想を語るという、超絶失礼でどうでもいい内容なので、そういう話題が好きじゃない方はUターンしましょう(でも読んでくれたら嬉しい///)。

存在がリアル

まずゅぅゃって、なんだかすごいリアルなんだよね。のっけから意味わかんねーよって思ったでしょう。私も意味わかんねーよ。ショボい語彙力を駆使して解説していこうじゃないか。

何がリアルかっていうとsmartコンのDVDに納められている問題作、『yes!』を観ていただきたい。この曲は山ちゃんと光くんとゅぅゃが歌う、JUMPちゃん初のドエロい大人な曲だ。これを歌う山ちゃんは完成された究極のビジネスエロス。光くんは普段セクシーキャラじゃないだけに、ギャップを上手く見せつけた曲。しかしゅぅゃだけ妙にリアルなんですよ。前述した二人は2.5次元だけど、ゅぅゃは3次元にちゃんと存在している感じ。ゅぅゃは普通にしてても色気が漏れてきちゃってるあの感じ。下品な言い方をしてしまうと、やることやってるゅぅゃが簡単に想像できてしまう。

故にぶっちゃけ抱かれたい(問題発言)。

なぜゅぅゃだけこんなにリアルなのだろうか。見た目がチャラいから?ジャニーズらしからぬワガママボディだから?分からないけれど、ツボだ。ちなみに私は筋肉質の人より、ほんの少しふっくらしてる人の方がすきなので、ゅぅゃの体型どストライクです。お金払うから抱いて(問題発言2)。

ペロい

ヲタならみんな知っていると思うけど、ゅぅゃって超ペロい。ああ見えて持ち前の性格はJUMP内でダントツかわいいと個人的に思っている。

まず私は笑いのツボが浅い人がタイプだ。自分が結構くだらないギャグを言ってしまうので、やっぱりその都度笑ってくれる人と付き合いたい。昔、あまり笑わない人と付き合っていたけど、一緒にいて苦痛だった。なんでそんな人と付き合っていたんだと聞かれると、オシャレなイケメンだったから♡としか答えられないが、その話はまず置いておこう。その点、ゅぅゃは笑いのツボが浅すぎる。手を叩いて誰よりも笑っているシーンがよくあるが、私はそれが愛しくてたまらない(重い)。誰よりもクールな見た目なのに、一番ニッコニコって可愛すぎるだろ。挙げるとキリが無いが、最近だとJUMP座談会で、大ちゃんの微妙な特技に気づいて笑いながら床をバンバンしたり、いたジャン内で動物園の緊急を知らせる曲としてユーロビートが流れ、他のメンバーが戸惑う中ひとり爆笑していたりというシーンが好きだ。理想としてはデートの時に私が助手席でボソッとボケた時に、ハンドルをバンバン叩きながら笑ってほしい。そして「ちょw危ないww」とかなんとか言いながら、二人で笑い合いたい。

また、メンバー紹介曲の中で精神年齢最年少と謳われるだけあって、やることなすこと少年感漂う所が可愛い。キラキラ光れのPVメイキングに顕著に表れてるかな。ドローンの羽をすげぇ…って言いながらくるくるしたり、撃ち落そうとボール投げたり、最後のコメント中ずっとブランコでゆらゆらしたり。これを素だから真顔でやってのけちゃったりする所が、私のツボをピンポイントで突いてくる。年上なのに(←ポイント)少しおバカっぽいゅぅゃに「あーーーもうww」って言いながら、お世話をしてあげたい。

ツンデレ

彼氏は絶対にツンデレであってほしい。というか、基本ツンツンしていてほしい。いっぱい笑う人がいいくせに、ツンデレであってほしいとか自分でもワガママだと思うが、それを実現できているのがゅぅゃだ。私は恋愛において追われることが苦手で、自分から好き好き言っていたくせにいざ振り向かれたら少々冷めてしまう。うーん、幸せになれないタイプ…。そういう面から見て、自分はアイドルを追いかけるのに向いている性格だなと感じている。アイドルは一生追いかける事ができる存在だから。おっと、話が逸れた。しかし彼氏にずっとツンツンされるのは流石に辛いので、たまに、極たまーーーーにデレていただきたい。

ドル誌なんかでよく恋愛系の質問をされているが、ゅぅゃの返答ってかなりリアルなことが多い。ほかのメンバーがアイドルらしい答えをしたり、ななめ上の回答をしたりする中でゅぅゃは等身大の25歳な回答をしている気がする。つまり、結構そっけない。前述したリアル感と被るが、おかげで非常に妄想が捗る。

例えば『彼女が泣いてしまった。さてどうする?』という質問で、「泣かれるのは好きじゃない」と最高にウザそうな顔をしていたり(うろ覚え)、『好きな子がいきなり変顔をしてきたらどうする?』という質問で「好きじゃなくなる」といって腕でバッテンをしていたりといった具合だ。少しくらいアイドルらしい答えをしなさいよ!と思うときもあるが、素っぽくて好きだ。そしてツンツン具合がたまらん。彼氏にはこれくらい塩対応された方が追いがいがあるってもんだ。

しかしデレの部分だってしっかりあるはず。なんだかんだゅぅゃって甘えてくる子が好きだと思う。それは恋人にしたいJr.として田中樹くんを挙げていたことから推測できる。一時期ゅぅゃに毎日「愛してる♡」というメールを送っていたという逸話があるくらい樹くんはゅぅゃが大好きだ。ゅぅゃもそんな樹くんを割と冷たくあしらいながらも、実は恋人にしたいとか何そのツンデレ。私も言っておくがかなり彼氏には甘えたい派だぞ。そして冷たくされたいぞ。ここから妄想に入ります。既に2500字近いです。

いつものメールは絵文字すら無い無機質な文面なのに、特別な記念日には頑張って絵文字を使ったメール送ってきて最後に「オーアイニー♡」で締められていたらまるっと恋に落ちてしまうし、バキュンとハート射止められる。あ、2500字超えた。

あと普段はぶっきらぼうなのに、酔っ払って帰ってきた時だけ甘えられながら、寝ていた所を起こされたい。(寝てたんだけどな…明日早いんだけどな…)と思いながら、無邪気に「アイス買ってきたよー☆」と笑うゅぅゃに付き合いたい。次の日に「昨日めっちゃ甘えてきたね」とイジりたい。そして「は!?甘えてねーよ!」って口は悪いのに笑顔で否定されたら、シェンシェラシェンゲパンダリロン(意味不明)。

ルックスが好み

彼氏にするなら男らしいルックスの方がいい。目もパッチリ二重よりも、切れ長な方が好みだ。体型もガッチリしていてほしい。つまりあれだ。ゅぅゃだ。もしゅぅゃが一般人で街を歩いていたら、つい声をかけてしまいそうなくらいゅぅゃのルックスが好きです。ただ一つ言うならば前髪のあるゅぅゃがもっと好きです。

まとめ

こんな感じで最近の口癖は「髙木結婚してくれ」になりつつある日々です。たまに彼女目線でゅぅゃのインタビュー記事を読んでいる自分がいて、我ながら気持ち悪いと思ってる。久々の更新が特に面白みもない、こんな記事で本当申し訳ない。

ちなみにもしスキャンダルがあったとしたら、ショックを受けるのは確実にゅぅゃよりいのちゃんだ。なんかゅぅゃって「なんでこんな女と付き合ってんのww」っていう子と付き合いそうなのに(超絶上から目線)、いのちゃんは非の打ち所の無い才色兼備と付き合いそうだから。