読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパンコールな波際

溺れるほどの愛を君に送る

グッズ参戦したけど危うく帰って来られなくなるところだった話

コンサートの醍醐味といえば、コンサートオリジナルグッズもその一つだろう。私は友人A子と共に『JUMPing CARnival』の横浜公演に2公演参戦する予定だ。東北からはるばる横浜まで遠征するため、正直かさばるグッズは購入したくないなと考えていた。往復夜行バス(予定)だし。

しかし、やっぱりパンフレットはもちろん、ポスターや団扇も欲しい。どうしたらいいものかと考えていたら、家族内で耳寄りな情報が出た。

 

両親が7月26日に弟に会いに仙台に行くだと…!?

 

はいはい!セキスイハイムアリーナまで送り迎えしてください!ってことで便乗することにした。初めてのグッズ参戦。コンサート中だったら並ばずに購入できるし。

来たる26日、朝早くに準備を済ませ仙台へ向けて出発した。服装はいのちゃんのメンバーカラーである、青を基調としたコーデでバッチリ決めた。コンサートまで時間があったので、弟のアパートでダラダラしたり、アウトレットモールに行ってショッピングを楽しんだりした。

そしてコンサート会場であるセキスイハイムアリーナへ弟の運転で向かった。気持ちを高ぶらせるため、AUXでiPhoneをつなぎ、車内にHey!Say!JUMPの曲を響き渡らせた。ちなみに家族も車に乗っていたため、無理矢理C&Rに付き合ってもらった(父親は何故かノリノリだった)。

15時頃、セキスイハイムアリーナに到着し、意気揚々と車から降りてグッズ販売のブースに向かった。

 

ここがグッズ売り場…!!

初めてのグッズ売り場にテンションが上がった。落ち着け落ち着け。まず仙台では写真が写っているものを買おう。買い漏らしたら次は横浜だ…。横浜まで行って荷物大幅に増やしたくは無いぞ…!そう思いながら私は以下のものを購入した。

・パンフレット

・うちわ(伊野尾)

・クリアファイル(全員・伊野尾)

・フォトセット(全員・伊野尾)

・ポスター(全員・伊野尾)

・ペンライト

・トートバッグ

正直バッグはいらなかったが、グッズ用にわざわざ家から持ってきたエコバッグを車の中に置いてきてしまったので、しぶしぶ購入。

購入しようと思っていた物は、iPhoneに全部メモしていたため、買い漏らしは無いかチェックしようとした時に気づいた。

 

 

あれ?iPhoneがどこにも無いぞ…(^◇^;)??

焦った。非常に焦った。どこだ?どこで落としたんだ?慣れない土地で携帯を紛失するとか、現代っ子にとっては死を意味するぞ…?

必死に考えてようやく思い出した。

 

ハッ!!!車に繋いでそのままだった!!!!

なんということでしょう。コンサート会場に着いた瞬間、テンション最高潮になってしまった私は、車にiPhoneを繋いでいることをすっかり忘れ、車から飛び出したようだった。我ながら馬鹿すぎる。

買い終わったら連絡をするように親に言われていたけれど、携帯が無いため連絡することが出来ない。

『やっべえ。そういえば近くのイ●ンで暇つぶししてるって言ってた気がする。歩く?歩いちゃう?いや、歩くと遠いわ。絶対熱中症なるわ。てか行き先変わってたら意味ないし、そもそも携帯無いからどっちに向かって歩けばいいかも分からNEEEEEEE!!』

涙目になりながら、コンサート会場付近をうろうろする23歳OL。周りから見れば、完全にチケット乞食だったと思う。どうしようかと途方に暮れていたら、前から見覚えのあるオッサンが歩いてきた。

 

 

お父さぁん…。゚(゚´ω`゚)゚。

iPhoneを車に忘れていることに気づいた父が迎えに来てくれた。こんなに父を頼もしく思ったのは初めてかもしれない。おかげで無事合流することができ、なんとか帰ってくることができた。

余談ですが、父親が完全にダフ屋だと思われて女の子達から警戒されていたのは面白かった。