読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパンコールな波際

溺れるほどの愛を君に送る

JUMPing CAR 出発進行

JUMPing CARオリコン初登場1位おめでとう!

ということで、曲に関する感想を語りたいと思います。私の個人的な感想なのであしからず。ちなみに3種類1枚ずつ購入しました。ブックレットかわええ。

Fantasist

タイトルの通り幻想的でミステリアスでクラシカルな劇音楽的序曲。これから何が待ってるのとドキドキさせてくれます。エンジンや工事現場の音が入ってて映画音楽ぽくて面白い。途中で湧き上がってくるピッコロのスケールが好き。当方アマチュアフルート奏者です。学生時代まじめに練習して音大かなんか卒業していたらこの演奏に参加していたかもしれないのに…くそ…!(夢のまた夢)

JUMPing CAR

やぶちねぱわで初解禁された時から一瞬でヲタク達を高まらせた一曲。安定のJUMPコール。何より一番のサビに入るまでに9人全員ソロあるとか…!歌詞もかーわーいーいー。入道雲が湧き上がるシーサイドをオープンカーでドライブしたいです。私の車は軽の二駆だけどな!薮くんのハモり安定感があって好きです。ゅぅゃの「Ha-ha-」と「ピーカァン↑」がとてもペロい。大ちゃんの「アチチチ」は有岡力が過ぎるぞ。いのちゃんの「君を焦がすまで離さない」ってやばくないですか、同担の皆様。最近いのちゃん胸キュン歌詞をどんどん割り振られる傾向にあるので伊野尾担は心臓が持たないよ…!一般受けしそうなノリノリでキャッチーな曲だから近いうちに音楽番組で披露してほしいなあ…。

Walk

初めて聴いた時の感想は「青春アニメのオープニング」って感じ!爽やかなんだけど、ちょっとノスタルジックな感じで、ねむようこさんの短編「少年少女」をアニメにしたらこんな感じのオープニングが合う気がするなあ…。田舎で真っ青な空を背景に、丘の上で背を合わせて立つ思春期の少年少女の回りをグルグルするカメラワークで(伝わる…?)。サビのちょっと切なげなコード進行がすき。疾走感があって、歩いているというより走っているような感覚の曲。

SHen SHera SHen

ちょっとチャイナ感漂う打ち込み系。ボカロでニコ動かなんかにアップされてても違和感ないかもしれません。いのちゃんが雑誌で言ってたように、シェンシェラシェンゲパンダリロンが寝るときに脳内ループされてなかなか寝付けませんでした。ところで、シェンシェラシェンゲパンダリロンってどういう意味なんでしょ!こちらはアニメのエンディング感。かわいい振り付け期待です。「なんで君なんだ」の部分から踊り出すような感じで、シェンシェラシェンゲパンダリロンの部分はヲタク達でも真似できるようなお手手の動きに特徴あるやつがいいなあ。

ウィークエンダー

ジャニヲタなら誰でも認めるキャッチーな良曲で、JUMPの代表曲。イントロの時点でキター!ってなります。私をジャニヲタの沼に引っ張り込んだ個人的に思い入れのある一曲。何度聴いても飽きなくて、癖になる。曲も、歌詞も、ダンスも、PVも全部だいすき!最近よくTVで披露されていて高まっております。コンサートでは赤スーツで踊ってください。切実にお願いします。

キラキラ光れ

もはやアルバムのリード曲と化してる一曲。カレー販売促進曲3曲目。23歳で彼氏もいない実家暮らしの未来が見えないしがないOLの心に突き刺さるキラキラメッセージソング。振り付けがかわいいので早くコンサートで一緒にやりたいです。あとフォッフォーはよ言いたい。TVで初披露された際には、いのちゃんソロ時のモーゼ海割りフォーメーションに悶えました。あと仲良しダンスの時足の高さがバラバラで萌え。裕翔くんの隣にいのちゃんを配置するとか…!

愛よ、僕を導いてゆけ

割と最近失恋して元彼を引きずってる私の心にクル曲第一弾。薮様、山田様の真骨頂な曲。タイトルを見たときは激重バラードなのかなと思ったけれど、疾走感があって割とさらりと聴けます。こういう曲って思いの外圭人の声がいい味出してる気がするのは私だけでしょうか。青年期まっさかりのじゃんぷちゃん達が歌う等身大リアリティ感。サビはユニゾンだったのに、オチサビではソロがきます。そしてそれを自担が歌っているので勝手に高まっているのです、ハイ。

Fever

夏祭りアゲアゲソング!和服感を取り入れた衣装で踊ってほしいです。さらに言うならば、下駄履いて傘持ってほしいです。勢いのある今年のJUMPの夏にピッタリな曲だな。大ちゃんの「Boom Boom」と「よろしく」がとてつもなく少年感があって素敵!知念ちゃんが期待するいのちゃんのよいよいよい!が見たいので、ぜひセトリに入れてください。お願いしますひかにゃん様。

Boys Don't Stop

2013年「BOUNCE」、2014年「FOREVER」、2015年「Boys Don't Stop」なアンセム曲。男性受けもいい曲だと思うので、こういう曲こそテレビで披露してほしい…。キラキラアイドルソングだけじゃないんだよ、JUMPって!あちこち歌声にエフェクトかかっててとにかくかっこいい。この曲は特に山ちゃんがやばいです。他担でもこんなに骨抜きにされているのに、山田担の皆様は生きていますか。コンサートでは二次元からそのまま出てきたみたいな衣装でがっつり踊っていただきたいです。

 Dangerous 

この曲は妖艶な年上美女と若いツバメなJUMPちゃんとの不倫的な曲にしか聴こえない…(笑)妄想が止まらないyo!イメージは昼顔。クラシカルな伴奏がミュージカル感を醸し出しています。少年と大人の狭間のような知念ちゃんの歌声との親和性が思いの外高い曲。薮帝王から始まるミステリアスな曲の安定感!薮くんの歌ってレガートで、よけいな節がついてなくて聴きやすいなあ。そしてそれを引き継ぐ光くん。美しいやぶひかが垣間見れます。なかなか難しい曲ですが歌いこなすJUMPちゃんに乾杯。

chau♯

 Dangerousからのchau♯は高低差がすごいです。高低差で耳がキーンと(ry JUMPが劇的なアイドル回帰を果たしたかわいすぎる曲。みんな同じカラーだけどデザインがちょっと違う王子様衣装がとんでもなくかわいいので、コンサートでもぜひ着ていただきたい。見た目がクールなゅぅゃがこの衣装を着てニコニコ踊っている姿を見ると、とてもいとをかしな気持ちになるのです(つまりペロい)。いのちゃんは完全にポップでハッピーなふたりしか歌えない魔法にかかってます。メイキングでティアラを被ってコンサートに来てね♡的な事を言っていたので、年甲斐も無く被っchau?なんて話を友達としました。多分被らないけど。

ヨワムシ★シューター

ロケンロールな原点回帰したバンド曲。ゅぅゃが高音パートを頑張って歌い上げてるのがかっこいいです。三連符だいすき!2番の同じパートをいのちゃんが歌っているので、いのたか大好きな私は嬉しいよ!こちらもまさに夏ソング。今回のアルバムはいろんな夏ソングが入ってるなあ。ファルセット大好物なので、サビ聴いてて気持ちいい!とても爽やかでJUMPらしい前向きソングです。

明日へのYELL

この曲を聴くと学生時代を思い出して、少し切なくなります。特に「青い春の中まっすぐ駆け抜けた」の歌詞がすき。 将来の不安なんか無くて、部活動が全てで、毎日がただ楽しかったあの頃…切ねえ。裕翔くんの声はこの曲にほんとピッタリだと思う。タオル振り回したいので、ぜひセトリに入れてください。お願いしますひかにゃん様。

Ferewell

聴けば聴くほど少年アニメの主題歌感がハンパないです。つまりここでも大ちゃんの有岡力がすごいことになってます。知念ちゃんとゅぅゃが歌うロック大好物です。バンド曲なのかな…?思いの外キーボードがかっこよくなる予感…!こちらもかなりあちこち声にエフェクトかかってます。いのちゃんの声エフェクトかかると最高だな!未来に向かって進め進め的な熱いメッセージソングです。

Very Very Happy

「もし天国が本当にあるとしたらきっとこんな感じだ…」←こちらが初めて聴いた時思った事。なかなか気持ち悪いですね。しかしそれだけハッピー感に溢れた曲なんだよ…!今回のアルバム本編の中で唯一のバラード。JUMPing CARに乗って駆け抜けて、いろんな景色を見てまわって、ようやく目的地に到着ひゃっほーい!って感じ。結婚式で流したい曲です。全く予定無いけども。本当に聴いていると幸せな気分になります。コンサートで聴いたら「君と君とJUMP!!」のところで多分泣く。そして泣きながら「ラララー」のところでペンライト振り振りする。 

 

はー、ようやくアルバム本編について書ききった!本編だけでこんなに時間かかるなんて…!これ読む人いるのかなあw今回のアルバムはとにかくJUMPって単語がかなり出てきます。JUMPちゃんのこだわりなんだろうなー。ボーナストラックについてはまた後日更新します!