読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパンコールな波際

溺れるほどの愛を君に送る

Hey!Say!JUMPとの出会い②

ちゃうちゃーう

ブログを更新しない間にJUMPちゃん達いろんな動き(主にアルバム発売)があり、メロメロにされておりました。そのことについても語りたいけど、まずは出会い編を片付けたいと思います。がんばれっつごー

スマホに張り付く年末年始

 JUMP(というか裕翔くん)にかなり興味がわいてきたというのに、今年に限ってなぜカウコンが放送されないの…と嘆きました。毎年友人にほぼ無理矢理観させられていたのに…!今年はようやく自分から観たいと思ったのに…!せめて雰囲気を味わいたくて大晦日だというのに、ウィークエンダーのPV観てたらいつの間にか年越してた。ウィークエンダーは今でも数あるPVの中で一番好きです。ビタミンカラー衣装かわいい。楽曲自体が神。そして年末年始は裕翔くんの動画を観るためスマホにべったり張り付いておりました。そこで出会ってしまったのです。JUMParty第5回~秋の体力測定編~に。内容はJUMPヲタならご存知だと思いますので割愛。そこでまあ裕翔くんが活躍するする。一位格好良かった。ガラケー面白かった。そしてようやくこの動画でメンバー全員の名前を認識しました。つまりそうです、ようやくここで伊野尾慧の存在を知ることとなるのです。今思えばJUMPartyっていわばヲタクの(購買意欲を刺激する)ために作られた映像なわけだから、メンバーの事を軽くひととおり知るにはちょうどよかったなあ。しかしここでもいのちゃんに対して特に興味は沸きませんでした。握力測定の時にかわええ!と思ったくらいで。運動が苦手で基本いじられてて、全然タイプの違う裕翔くんが推しメンだった(担当という言葉を知らなかった)私にとってアウトオブ眼中(死語)でした。しかしJUMPartyのおかげでようやくJUMP全体に興味がわいてきた私。動画だけでなく、個人個人について調べ始めます。9人の仲良しほのぼのエピソードに心癒やされる日々です。みんな成人男性とは思えない…なんてかわいいの…天使なの…??

「ジャニーズっぽくない。何この子おもしろい。」

こちらが初めていのちゃんの事を調べて思った感想。出てくるエピソードがいちいち面白くてツボでした。お化け屋敷で「いろっぺーいろっぺー」連呼事件とか、MCチェリー●ーイ発言事件とか。それでいて理系男子でピアノも弾けるとか。スマホの小さい画面の動画じゃよく分からなかったけど、とてつもなく綺麗な顔立ちしてることとか。マイペースでテキトーで、イメージするジャニーズとはなんだかかけ離れていて、ギャップに弱い私はどんどんハマっていきました。裕翔くんはいい意味でギャップが無い。興味がいっぱいあって、得意なこともいっぱいあって、行儀も良くて箱入り息子なんだろうなと思いました。それから気づいたら動画でも裕翔くんよりいのちゃんを探していました。いのちゃん、なかなか分かりやすい位置にいることって少ないから、動画を観ている間は宝探し感覚でした。それもまた一興。少しでもアップだと胸が高鳴る。それもまた一興。この頃ようやくヲタク用語を知り、私はすでに伊野尾担なんだろうなと実感しました。最初はジャニーズであるJUMPにハマる事に戸惑いしかありませんでしたが、一度認めてしまうとなんだかこれからの日々が楽しくなるんじゃないかと思えてきたのでした。あれから半年ほど経って、DVDやCDを買いそろえ、ファンクラブに加入し、雑誌タワーは日に日に高くなり、生いのちゃんを見るため初めて現場に出向き、HDDと通帳の残量と戦う日々です。ああ、なんて毎日楽しいの。そして昔からの伊野尾担の先輩方がうらやましくも思ったりするのです。きっと今の飛ぶ鳥を落とす勢いのいのちゃんを見て、いろんな感情を抱えてるんだろうな…。なんだかド新規なのに、いのちゃん&JUMPフィーバーの恩恵受けまくっててごめんなさいという気分になったりするのです。まあ、これからも金に物言わせて恩恵受けまくりますけどね!

そしてお母さんごめんなさい。確実に婚期は遅れることとなりそうです。